1. HOME
  2. サービス一覧
  3. MobileIron(モバイルアイアン)

MobileIron(モバイルアイアン)
あらゆるモバイルデバイスのキュリティをひとつのプラットフォームで一元管理

モバイル化が進むビジネスシーンに欠かせないモバイル特化型セキュリティプラットフォーム。

Moblie Iron

MENU

こんな課題はありませんか?

IT管理者の課題

  • スマートフォン/タブレットを企業内で活用したいが、管理・セキュリティ面が不安
  • iPhone/iPad、Androidが混在しており、管理ツールやルールがバラバラで運用に手間がかかる
  • ユーザーの手間を最小限にして、スマホを使わせたい
こんな課題はありませんか?

ユーザーの課題

  • スマートフォン/タブレットから安全にイントラ情報の閲覧やメール/スケジューラーの確認をしたい
  • 使い慣れた個人の端末を業務に使いたい(BYOD/個人端末の業務利用)
  • モバイル端末からシステムへ何度もID・パスワードを入力する手間を省きたい
こんな課題はありませんか?

MobileIron(モバイルアイアン)は
さまざまなモバイルデバイスに対するセキュリティを
トータルに対策できるモバイルデバイス管理システムです

  • IT管理者の課題・ソリューション
  • ユーザーの課題・ソリューション

課題 1

スマートフォン/タブレットを企業内で活用したいが、
管理・セキュリティ面が不安

SOLUTION

企業ポリシーに応じたセキュリティ設定を各デバイスに強制
管理者は、あらゆるエンドポイントを統合的にコントロールできます

MobileIron(モバイルアイアン)は、業務用モバイル端末の利用を管理するモバイルデバイス管理(MDM)機能に、アプリやソフトウェアを管理するモバイルアプリケーション管理(MAM)、データやファイル等の安全性を高めるモバイルコンテンツ管理(MCM)機能をプラスした進化系モバイルセキュリティツールです。
さまざまなエンドポイントを統合的に管理できる機能を取り揃えているため、IT管理者がさまざまなOS、デバイス、バージョンにそれぞれ対策する負担を軽減しながら、業務でモバイル端末を安全に使える環境を構築することができます。

企業ポリシーに応じたセキュリティ設定を各デバイスに強制管理者は、あらゆるエンドポイントを統合的にコントロールできます

課題 2

iPhone/iPad、Androidが混在しており、
管理ツールやルールがバラバラで運用に手間がかかる

SOLUTION

iOS、Androidはもちろん、Win10、Macも一元管理が可能

モバイル端末は、デバイスの種類・OSがさまざま。それぞれに対策するのはIT管理者にとって大きな負担となります。MobileIron(モバイルアイアン)は、iOS、Androidはもちろん、Windows10、macOSの管理にも対応しています。各OSを同一のコンソールで一元管理できることで、IT管理者のモバイル管理の負担を大幅に軽減することができます。

課題 3

ユーザーの手間を最小限にして、スマホを使わせたい

SOLUTION

管理者が指定した業務用アプリを配布、自動的にセットアップが可能

MobileIron(モバイルアイアン)を利用すれば、モバイル端末へセキュリィポリシーを簡単に適用することができます。 利用者は、モバイル端末やPCをオンラインにするだけで、業務に必要なアプリが自動的にインストールされるなど、簡単かつ安全に業務を行える設定が整います。管理者・ユーザー両方の手間を軽減しながら、業務用モバイル端末の管理基準を一定に保つことができます。

管理者が指定した業務用アプリを配布、自動的にセットアップが可能

課題 1

スマートフォン/タブレットから安全に
イントラ情報の閲覧やメール/スケジューラーの確認をしたい

SOLUTION

管理された端末や多要素認証で安全なアクセスを提供します

業務の生産性をアップするため、いまや社外から社内情報へのアクセスは欠かせません。しかし、ユーザーやIT管理者にとってはセキュリティに不安を感じることもあるのではないでしょうか。
MobileIron(モバイルアイアン)は、IT管理部門が設定した基準に応じ、「管理された端末からのみアクセス可能とする」「多要素認証を要求する」などさまざまな方法で安全なアクセスを提供します。個人の判断に依存しないため、ユーザーが不安を感じることなく業務でモバイル端末を利用できます。

指定の端末や他要素認証で安全なアクセスを提供します

課題 2

使い慣れた個人の端末を業務に使いたい
(BYOD/個人端末の業務利用)

SOLUTION

「企業の領域」と「個人の領域」を分離
プライバシーを侵害することなく、企業の情報を安全に利用できます

MobileIron(モバイルアイアン)は、モバイルOS上に「企業の領域」と「個人の領域」を分離することできます。
「企業の領域」から業務に必要なサービスや情報にアクセスできるのはもちろん、「個人の領域」にある私用アプリやサービスを引き続き利用できます。また会社側は個人領域にある写真や個人メール、アプリなどへアクセスすることはできないので、プライバシーが保たれ個人の端末を業務で利用する場合も安心です。

課題 3

モバイル端末から他のシステムへ
何度もID・パスワードを入力する手間を省きたい

SOLUTION

業務用アプリやクラウドへの
安全かつスムーズなアクセスを可能にします

MobileIron(モバイルアイアン)は、管理された端末の指定した業務アプリからクラウドサービスへアクセスすることがでるため、不正アプリへのアクセスや管理外の端末からのアクセスを防ぐことができます。 またMobileIron Accessを活用すればIDやパスワードを都度入力する必要もなくスムーズなアクセスを可能にします。 さらに、MobileIron(モバイルアイアン)で管理されている端末以外の端末からクラウドサービスへログインする際、管理されたモバイル端末からQRコードを読み取ることで、IDやパスワードの入力なしにログインすることができます。これにより、パスワードの流出による不正ログインを防ぐとともに、都度ID・パスワードを入力するユーザーの手間を軽減します。

モバイル端末から他のシステムへ
Moblie Iron

さまざまなモバイルデバイスのセキュリティを統合的に管理

業務で使うモバイル端末をユーザーの利便性を損なわず不正なアクセスを防いだり、脅威から防御したりすることができます。

Moblie Iron
すべてのエンドポイントをひとつのセキュリティプラットフォームで統合管理

すべてのエンドポイントをひとつの
セキュリティプラットフォームで統合管理

デジタルトランスフォーメーションが進み、ビジネスのモバイル化が進む現在。業務用のクラウドサービスやデータに「いつでも・どこからでも」安全にアクセスできる環境が求められています。
MobileIron(モバイルアイアン)は、さまざまなOSや、デバイスが存在するモバイル端末のセキュリティに特化しており、ひとつのプラットフォームですべてのエンドポイントを統合的に管理できる機能を揃えています。

モバイルOSで企業と個人の領域を分離

モバイルOSで企業と
個人の領域を分離

MobileIron(モバイルアイアン)を使うと、安全性を確保したコンテナが端末上に作成され、モバイルOS上に「企業の領域」と「個人の領域」を分離することができます。
個人の領域では個人用のアプリやサービスを普段通り利用できます。企業の領域には、会社のIT管理者が指定・配布した業務用のアプリ等が自動でインストールされ、業務用アプリ内の情報は、個人のアプリへ渡されないため、BYOD(個人端末の業務利用)を安全に実現することができます。

モバイルアプリやクラウドサービスへの安全なアクセス

モバイルアプリやクラウドサービスへの
安全なアクセス

業務でモバイルアプリやクラウドサービスを使用する際、気を付なければならないポイントは、そのアプリが本当に安全なものか?正しいユーザーがアクセスしているのかということです。
MobileIron(モバイルアイアン)を利用すれば、管理された端末の指定されたアプリからのみアクセスが許可されるので、不正アプリへのアクセスや管理外の端末からのアクセスを防ぐことができます。 また、社内PC以外からクラウドサービスや社内システムへアクセスしたい場合も、セキュリティを確保した管理内のモバイル端末をIDとし、パスワードによる認証なしでアクセスすることが可能です。パスワードによる不正ログインを防ぐとともに、ユーザビリティも大幅に向上します。

モバイルの脅威を防御

モバイルの脅威を防御

MobileIron(モバイルアイアン)は、モバイルOSの管理だけでなく、第三者からのネットワークの盗聴、OS・アプリ侵害などの脅威を検出・防御する機能を備えています。
脅威検知アプリを別にインストールする必要がないため、端末への展開・管理が簡単。また、脅威が検知された場合には自動でロックやワイプ(初期化)が可能です。

MobileIron(モバイルアイアン)のおもな機能

MobileIron(モバイルアイアン)は、すべてのエンドポイントをひとつのプラットフォームで統合管理することができるモバイルに特化したセキュリティシステムです。ビジネスのモバイル化が進み、ゼロ・トラスト環境(ネットワークに脅威が存在していることを前提に、すべてを疑い、つねに確認する必要があるという考え方)への対応が課題となるなか、MobileIron(モバイルアイアン)は、モバイルに特化した多角的なセキュリティ機能を備えています。

MobileIron(モバイルアイアン)のおもな機能

MobileIron(モバイルアイアン) × CTCの強み

CTCは、企業の業務課題をITシステムで解決するノウハウを豊富に持っています。
クラウドサービスやモバイル端末の活用で業務の生産性を高めながら、各種システムを安全に活用するためのソリューションをご提案します。

多彩な導入実績、さまざまな業種・業界に対応可能

MobileIron(モバイルアイアン)の導入社数は、全世界で20,000社以上(2020年2月現在)。日本国内でも大手企業をはじめとする、さまざまな業種・業界で活用されています。
すべてのエンドポイントのセキュリティ対策を一元管理できる総合力を武器に、モバイル端末の管理、モバイルアプリケーションの管理、モバイル脅威対策、BYODのセキュリティ向上など、各社のニーズに合わせた柔軟な使い方が可能です。

多彩な導入実績、さまざまな業種・業界に対応可能

第三者機関の評価も高いモバイルセキュリティのリーダー的存在

モバイルセキュリティを提供するMobileIron(モバイルアイアン)は、Gartner社の市場調査において、総合エンドポイント管理(UEM)部門で8年連続「リーダー」の評価を取得し、「リーダー」の中でお客の評価によるGartner Peer Insights Customer’s Choiceにも認定された唯一のベンダです。さらに、日本国内のエンタープライズ・モビリティ・マネジメント(EMM)市場においても、8年連続シェア1位を保持(※ITR調べ)しており、モバイルセキュリティ業界をけん引するソリューションです。

第三者機関の評価も高いモバイルセキュリティのリーダー的存在

モバイルセキュリティでCTCが提案するクラウドサービスの安全性・利便性をより高める

働き方改革をはじめとするワークスタイルの変化により、企業ではモバイル端末を活用し、クラウドサービスや情報に安全にアクセスできる環境が求められています。 CTCでは、クラウドサービスをはじめとしたさまざまなITシステムの導入支援を行っていますが、モバイルセキュリティを統合的に管理することで、企業が導入するクラウドサービスをより効果的に活用することができます。モバイル端末と他のシステムとの連携、生産性を高める活用方法の提案もCTCにお任せください。

モバイルセキュリティでCTCが提案するクラウドサービスの安全性・利便性をより高める

導入をご検討中の方へ

製品に関するお問い合わせも随時受け付けています。各フォームに必要事項を入力のうえ、お気軽にお問い合わせください。

CTC CLOUD SECURITY SERVICE LINEUP

Netskope(ネットスコープ)
Okta (オクタ)
Docusign(どきゅサイン)
Moblie Iron(モバイルアイアン)
Lookout(ルックアウト)
Box(ボックス)